食欲抑制タイプサプリは脳に刺激を与える!その効果とは?

食欲がなかなか止まらない、といった方に必見のテーマです。

 

食欲抑制タイプのサプリメントがあるわけですが、実は脳に対して一定の刺激を与えられるのです。

 

その結果、食欲が抑えられ、ダイエットが成功に近づきます。

 

ダイエットをしても、どうしてもドカ食いをして元に戻ってしまう、といった方に向けて、食欲抑制型サプリを詳しく解説します。

 

 

■食欲抑制型サプリの特徴

 

・脳に満足感を与える

 

我々の脳は、空腹感を生命の危機と感じるようにできています。

 

だからこそ、空腹を感じるとイライラしたり、ストレスを感じてしまうのです。

 

そして、食事をし始めると、なかなか箸が止まらなくなってしまいます。

 

本能の行動になってしまうので、どうしようもないと思うかもしれません。

 

しかし、脳から刺激を与えられて、空腹を感じているわけです。

 

その脳を刺激してやれば、空腹感を感じにくくもなれるのです。

 

問題は、どんな成分が含まれているやせるサプリを利用すればいいのか、といったことです。

 

たくさんのダイエット系サプリメントが出ているので、そのうちどれを選んだらいいのかわからなくなってしまった方もいると思います。

 

【食欲抑制効果が期待できる成分例】
・テアニン
・セントジョーンズワート
・カバカバ
・ヒスチジンなど

 

テアニンは緑茶に含まれている成分であることが知られています。

 

リラックス効果を持っている成分で、暴飲暴食を抑えてくれます。

 

他にセントジョーンズワートにも注目しましょう。

 

ハーブであり、摂取するとセロトニンが増えます。

 

セロトニンはリラックス効果をもたらす物質なので、こちらにもストレスの解消作用があるんですよ。

 

 

■食欲抑制型のサプリの効果が得やすい人のタイプ

 

・生活が不規則である人

 

不規則な生活を送っている方は、普段からストレスが方になっているケースが多いのです。

 

ストレスが溜まりすぎていると、食欲が止まらなくなってしまうこともあります。

 

それが肥満の原因ともなり、太ったことで更にストレスを感じてしまうこともありえます。

 

不規則な生活ですが、特に注意して欲しいのが睡眠不足です。

 

我々は、寝ることによって睡眠不足を解消しているのです。

 

一定時間以上の睡眠時間を確保しなければ、一般生活で高まったストレスを解消できません。

 

特に注意して欲しいのが、1日あたり5時間未満の睡眠しか取れていない人です。

 

もしも、自身が当てはまるのであれば、なるべく早く5時間以上の睡眠時間を確保してください。

 

理想は1日あたり7時間の睡眠です。

 

ちなみに、睡眠時間は多すぎてもかえってストレスがたまるので気をつけてください。