食事制限は嫌!食事以外でカロリーカットが出来るのか

食事制限をするダイエットが基本ですが、不得意な方が多く、実際に食べてリバウンドしてしまうケースが少なくありません。

 

こちらでは、そのように食欲に負けてしまいやすい方に必見のカロリーカット法を紹介します。

 

運動をするのも良いのですが、運動ダイエットも挫折に者が多いわけです。

 

ダイエットは簡単にできるものではなりません。

 

ある程度の戦略を練る必要があります。

 

計画的に行い、効果的にダイエット成功を目指しましょう。

 

 

■コーヒーや紅茶に入れる砂糖を切り替える

 

・パルスイートがおすすめ

 

コーヒーや紅茶に、毎回のように砂糖を入れている方も多いです。

 

特に女性は、ブラックコーヒーを飲みませんよね。

 

砂糖にもカロリーがあります。ミルクも入れてしまうと、そのカロリーは20キロカロリーから40キロカロリーとまで言われています。

 

1日あたり3回も飲んでしまえば100キロカロリーです。

 

1ヶ月で3,000キロカロリーなので放っておけません。

 

そこで登場するのがパルスイートです。

 

パルスイートは、ゼロカロリーになります。

 

それでいてしっかりとした甘みなあるので、普段の珈琲や紅茶と全く一緒の味わいです。

 

実はこれは珈琲や紅茶だけでなく料理にも加えられるわけです。

 

効果的に使えば、大幅なカロリーダイエットにもなります。

 

一般的な砂糖からパルスイートに切り替えてみましょう。

 

※パルスイートとは、アミノ酸であるのアスパラギン酸とフェニルアラニンによって作られています。

 

特に危険なものではなく、血糖値に影響のあるものも含まれていません。

 

健康的な甘味料なのです。

 

 

■食べる順番に気をつけること

 

最初に「野菜」

 

次に「お肉」

 

最後に「炭水化物」

 

この順番で食事してください。

 

いきなり炭水化物を食べてしまうと、血糖値が急激に上昇して、脂肪を体内に吸収しやすい状態となってしまうのです。

 

最初に野菜を食べると食物繊維を摂取することになります。その結果、血糖値の上昇が緩やかになるのです。

 

肉や炭水化物を摂取したとしても、血糖値の上昇が緩やかであれば、体内に糖質などが吸収されにくくなります。

 

結果的に太りにくくなるのです。

 

 

■朝に多く食べて夜は少なめにすること

 

・昼間はカロリーを消費しやすい

 

朝にたくさん食べたとしても、昼間に消費してくれるケースが多いです。

 

体内に脂肪が蓄積されにくいのです。

 

一方で、夜は脂肪が溜まりやすく非常に危険です。

 

身体の活動量や基礎代謝量にも関わるお話になります。

 

1日に同じ量を食べるのであれば、夜ではなく朝食べる、といったことがおすすめなのです。