外食多い人は必見!オススメのカロリーカット法ここにあり

外食が多いと、いろいろと問題が出てきます。

 

特にダイエットがしづらい状況になってしまいます。

 

そこで注目して欲しいのが、外食が多い人でもできるカロリーカット術です。

 

何も難しいことはありません。

 

とても簡単な方法で、気軽にダイエットできるのです。

 

外食が多かったとしても圧倒的に痩せやすくなるので、特に30代になって太りやすくなってしまった方は注目ですよ。

 

 

■アルコールには注意すること!

 

・ビールは特に高カロリーである

 

ビールについてはあまり意識していないかもしれませんが、中ジョッキで200キロカロリーもあるのです。

 

それを3杯も4杯も飲み会で飲む方が居ます。飲み物だけで1食分のカロリーを摂取しているのです。

 

・アルコールは何を頼めばいいのか

 

水ばっかり頼んでいると、飲み会では他の方から楽しんでいない、と思われかねませんよね。

 

アルコールを飲まなければいけないわけですが、特に注目して欲しいのが、ウーロンハイです。

 

烏龍茶自体にもダイエット効果がありますし、アルコールもしっかりと割っているので薄まっています。

 

ダイエット中はビールではなくウーロンハイを有効活用してください。

 

 

■揚げ物と炭水化物は控えること

 

・唐揚げ

 

・ご飯

 

・パン類

 

・パスタ

 

まったく食べていけないのではなく、量を抑えるのが肝心です。

 

炭水化物には糖分が含まれています。

 

これは体のエネルギーとなるものなので、脂肪となって体内に蓄えられてしまうかもしれません。

 

また、揚げ物もかなり厄介です。

 

衣が付いているものは美味しいですが、1人前で400キロカロリー前後もあるとさえ言われています。

 

なるべく外食では頼まないでください。

 

 

■2日連続での外食はしない

 

・食べ過ぎたら次の日は食べる量を減らすこと

 

外食を続けて行ってしまうと、どんどんと体内にエネルギーが蓄えられてしまいます。

 

消費される前に、さらに脂肪が増えてしまうわけです。

 

2日連続や3日連続での外食はなるべく控えてください。

 

休肝日ではありませんが、外食といった物自体も続けて行わないようにすべきです。

 

この機会に、自炊を覚えるのも良いかもしれません。

 

自分で食事を作るようになると、カロリーについても気に書けるようになります。

 

食事のバランスも考えるようになり、野菜を多く摂取するようになるかもしれません。

 

外食はしてはいけないわけではありません。回数と注文するものに注意すれば対応できます。

 

外食をよくする方でも太っていない方は数多く居ますよね。

 

そういった方たちの注文内容を真似してみるのもお勧めですよ。