ヨガには基礎代謝量をアップさせる効果があるのだろうか?

ダイエットにヨガを用いるケースが多くなってきました。

 

通常のヨガとは違って、ホットヨガなんてものも行われるケースが増えているのです。

 

こちらではヨガに基礎代謝をアップさせる効果があるのかを解説します。

 

ダイエット目的でヨガをしている方は必見です。

 

 

■有酸素運動としてのダイエット効果

 

・ヨガは有酸素運動である

 

ヨガは、無酸素運動ではありません。

 

弱い負荷を身体に与え続けるモノになります。

 

しかも、5分や10分では終わりません。

 

30分や60分といった長時間実施されるのです。

 

ヨガの運動中には、有酸素運動なので脂肪がドンドンと消費されていきます。

 

汗もかくので基礎代謝量もアップするわけです。

 

特にお勧めなのが、ホットヨガです。

 

部屋の温度を35度から40度にして、その中でヨガをするのですが、ものすごく汗をかきます。

 

身体も格段に温まるので、基礎代謝が高まりやすい条件が揃っているのです。

 

 

■インナーマッスルの強化

 

・ヨガは体の内部の筋肉を鍛える運動法である

 

ヨガは様々なポーズを取ります。そのポーズをとるときに、体の内部の筋肉を使っているのです。

 

外見から見える筋肉を鍛えているのではなく、内部の筋肉を集中的に鍛えているのです。

 

・筋肉の増加は基礎代謝量アップに繋がる

 

基礎代謝量は筋肉にかなりの影響を受けます。

 

インナーマッスルとはいえ、筋肉には変わりありません。

 

その量が多くなれば、筋肉を動かすために多くのエネルギーを必要とするのです。

 

体内に貯めこまれている脂肪をエネルギーに変換して使うわけなので、ダイエット効果もあります。

 

 

■ヨガの注意点〜ヨガ自体のカロリー消費量〜

 

・ヨガのカロリー消費量は高くない

 

60分のヨガをした場合であれば、女性の場合は200キロカロリー前後しか消費しないのです。

 

ヨガをしただけで、他の運動よりも痩せられる、といったことはありません。

 

インナーマッスル強化による基礎代謝量アップで成果が出るまでにはそれなりの時間はかかります。

 

2ヶ月から3ヶ月ほどは様子を見てください。

 

インナーマッスルもすぐに発達するわけではありません。

 

少しずつ付くので焦らないのが肝心です。

 

 

■筋肉をつけてしまえば維持するだけで毎日がダイエット効果

 

・ヨガダイエットの利点

 

インナーマッスルは普通の生活では鍛えられません。

 

ヨガならではなのです。

 

ついた筋肉を維持し続けられれば、毎日が一定のダイエット効果を得ている状態になります。

 

筋肉の維持はそれほど難しくありません。

 

週に1回から2回程度でのヨガでも十分です。