「有酸素運動」と「無酸素運動」どちらがダイエットに効果的?

運動をしてダイエットを目指す方はかなり多いです

 

。ダイエットした、といった感触を得られやすいのも人気の秘密になります。

 

こちらでは、有酸素運動と無酸素運動の特徴を解説し、結果的にどちらの運動法がダイエットに効果的なのかを解説します。

 

これからダイエットを始めようとしている方、すでに運動ダイエットを始めている方は必見です。

 

 

■有酸素運動の特徴とは

 

・身体に弱い負荷を長時間かけ続ける運動法

 

エアロビクスや自転車、さらにはウォーキングやスイミング、さらにはジョギングなどが該当します。

 

身体に対しては負荷をそれほどかけずに、ゆっくりとした感じで運動します。

 

断続的に筋肉に弱い力がかかり続ける状態となります。

 

その時に、エネルギー源として体脂肪が利用されるのです。

 

その結果、ダイエットできる、といった運動法になります。

 

ちなみに有酸素運動は長時間の運動法でもあるので、血行改善にも役立ちます。

 

基礎代謝量のアップまで目指せるお得な運動法になります。

 

・20分以上運動するのが最も効率的

 

10分くらいで運動をやめてしまうと、血中の脂肪しか使われません。

 

内臓脂肪や皮下脂肪をエネルギーとして使ってもらうためには、20分以上の有酸素運動がどうしても必要なのです。

 

 

■無酸素運動の特徴とは

 

・瞬発力を重視した運動法

 

瞬間的に大きな負荷を身体に与えます。

 

筋力トレーニングいや短距離走といったものが該当します。

 

筋肉を発達させるために行われるようなトレーニングは無酸素運動に組み込まれるのです。

 

無酸素運動では、筋肉に貯めこんでおいた糖質をエネルギー源として使います。

 

その糖質はグリコーゲンといった成分になりますが、有酸素運動とは違いトレーニング中に脂肪をエネルギーにはそれほど使わないのです。

 

・基礎代謝メインの運動法である

 

無酸素運動は、筋肉を鍛えます。

 

筋肉が発達することにより、基礎代謝量がアップします。

 

今後の日常生活において脂肪が消費しやすい体になるわけです。

 

 

■結論!有酸素運動も無酸素運動もダイエットには効果的である

 

昔は、有酸素運動しかダイエットには役に立たないと言われた時代もありました。

 

それは誤りです。

 

無酸素運動にもダイエット効果はあります。

 

消費カロリーの多くは基礎代謝です。

 

その基礎代謝の多くに関わってくるのが、筋肉量なのです。

 

筋肉量が多ければ多いほど、普段の生活で脂肪の消費量が多くなります。

 

有酸素運動も良いですが、時々は無酸素運動で筋肉を増やして基礎代謝量をアップさせましょう。