流行の「痩せるサプリ」は飲むだけで本当に痩せるのか?

みなさんは、雑誌の広告やネットの広告などで「痩せるサプリメント」や「ダイエットサプリメント」という言葉を見かけたことはありませんか?

 

ダイエットをしている方や、自分の体形が気になっている…という方にとっては、非常に魅力的な言葉ですよね。

 

サプリメントですから、飲むだけでOKという非常に手軽なところにも惹かれてしまいますが、

 

果たしてこれらの痩せるサプリメントは本当に痩せる効果があるのでしょうか?

 

まず、痩せるサプリメントとは言っても実際にどんなものがあるのか見てみましょう。

 

代表的な痩せるサプリメントとしては、DHCの「フォースコリー」や、モデルプロデュースの「CUTE ME」、「なかったコトに!」などが有名です。

 

そのほかにもたくさんの種類のダイエットサプリメントが登場していますが、どれも共通して言えるのはやはり「飲むだけ」ということ。

 

通常のダイエットのように極端な食事制限を必要とせず、ダイエットを進めていくことができるという嬉しいものばかりなんです。

 

もちろん、運動やちょっとした食事制限を合わせてサプリメントを服用すると、より大きな効果を得られるようですので試してみては。

 

 

これらの痩せるサプリメントですが、注目すべきは本当に痩せるのか?ということです。

 

サプリメントを飲んで痩せる仕組みなのですが、

 

まず食事でとった糖分や脂肪・炭水化物などの「吸収をおさえる」という働きをもつサプリメント。

 

これはそのとおり、糖分などの吸収を阻害する働きをもつ成分が含まれていることにあります。

 

私たちの体が一日の中で動くために使うエネルギーは、主に糖分によって作られます。

 

この糖分が少なければ、エネルギーを作るために蓄えられた脂肪を分解して新たに作られていきますので、痩せていくというわけなんですね。

 

余分な糖分が吸収されなければ体に蓄えられた脂肪が使われますので、確実にダイエット効果を得られるということなんです。

 

次に、脂肪を燃焼してくれる働きのあるもの。

 

これはDHCのフォースコリーなどが代表選手なのですが、体の中で脂肪を燃やす働きのある「ミトコンドリア」まで脂肪を運んでくれる役割をもっています。

 

つまり、フォースコリーを飲んで脂肪の運搬係が増えれば増えるほど、焼却炉であるミトコンドリアまで運べる脂肪の量が増えるため、どんどん燃やしていけるというわけなんです。

 

ですから、このように仕組みをきちんと理解すれば、ダイエットサプリメントを飲むと本当に痩せるんだ!ということがわかります。

 

ただ、この痩せるサプリメントに120%頼りっきりではなく、ある程度運動を織り交ぜてみるとかほんの少し食べる量に気を付けてみるとか、自分での努力も惜しまないようにしてみると、より大きなダイエット効果を得られるはずです。