短期間で痩せる方法|食事法と運動法に注目だ!

 

短期間で痩せなければならない時もあります。

 

たとえば、同窓会が迫っている、知人の結婚式が近々にある、なんて状態の時です。

 

急には痩せられない、と諦めていませんか?

 

あきらめる必要はありません。実は短期間で痩せられる方法があります。

 

その方法を、食事と運動に絞って紹介しますね。

 

 

■短期間で痩せるために必要な食事法とは?

 

・炭水化物を減らすこと

 

極端に減らせばいいわけではありません。

 

炭水化物が著しく減少すると、体調が悪くなってしまったり、ダイエットにマイナスの状態となるからです。

 

今までの食事よりは減らすといった感覚にしてください。

 

特に気を付けるべきは穀物です。

 

ごはんはもちろん穀物ですが、パンも小麦から作られるので穀物です。

 

今までの穀物類の摂取率を100パーセントだとすると、70パーセントほどに抑えるのがおすすめです。

 

また、パンやごはんの種類を変えるのもおすすめです。

 

ごはんの場合は白米ではなく、玄米に代えてみましょう。

 

パン場合は全粒粉にしてみましょう。

 

炭水化物の摂取量も抑えられるといったメリットがあります。

 

どうしても2週間程度で圧倒的に痩せたいのであれば、夜の炭水化物量を70パーセントではなく50パーセントにしてください。

 

夜に摂取したものは脂肪となってしまい身体に残りやすいので、エネルギーになるものはなるべくカットすべきです。

 

・タンパク質量はキープする

 

短期ダイエットで間違ってしまうのが、全体的な食事量です。

 

全体的に減らしてしまうとタンパク質が足らなくなってしまいます。

 

タンパク質は筋肉になるので、摂取量が少なくなると筋肉が弱ってしまいます。

 

ダイエットがしづらい身体になってしまうので、たんぱく質の量は減らさないでください。

 

 

■短期間で痩せるための運動法とは?

 

・下半身を動かすダイエットを行う

 

上半身も肉がついているからと言って、上半身ばかり運動してもあまり意味があります。

 

実は、腹筋をするよりもスクワットのほうが筋肉は使われ、ダイエット効果が高いのです。

 

・全身の筋肉量のうち60パーセントは足に付いている

 

特に、太ももに大量の筋肉がついています(大腿四頭筋)。

 

太ももを活発に動かすような運動法を取り入れると、活発に脂肪を燃焼してくれるのです。

 

【太ももを使いやすい運動法】
・階段の上り下り
・大股で歩くウォーキング
・サイクリング
・ジョギング

 

普通のウォーキングも足を動かすのでいいのではないか、と思われるかもしれませんが、実はあまりダイエット効果がないことが分かっています。

 

少し負荷をかけるイメージの運動法がおすすめです。

 

太ももが鍛え上げられると、あとは勝手に消費してくれるようになります。

 

痩せやすい体質を得るにもつながるので、ダイエットが成功した後も、定期的に運動はしましょうね。