痩せるためのダイエット法!リバウンドしにくい体質づくり

 

ダイエットは一時的なものではいけません。

 

ずっと痩せた体型を維持するのが目的なはずです。

 

こちらでは痩せるためのダイエット法を紹介します。

 

特に多くの人が陥ってしまうのがリバウンドです。

 

リバウンドを避ける方法が特に重要なので詳しく解説しますね。

 

 

■自分が太っている理由を考えてみよう

 

・運動不足
・食べ過ぎ

 

基本的に、上記のいずれかに当てはまっているはずです。

 

しかし、たとえば食べすぎであっても原因は細分化されるのです。

 

・1回ごとの食事量が多い
・間食が多い
・お肉などの脂質が多いものを食べすぎている

 

食事の場合は、自分おどんな食生活に問題があるかをはっきりとするのです。

 

問題があれば、ダイエットが成功した後も、元の食生活に戻ってしまわないようにすべきです。

 

・ストレスにも気を付けよう

 

食べすぎの原因と直結することもあるのですが、太っている原因で上位に入ってくるのがストレスです。

 

仕事や人間関係などのストレスもあるでしょう。

 

それを食事で癒そうとしてしまう方が多いのです。

 

たくさん食べたら満たされた感覚になりますよね。

 

満腹になれば、満足感が出てくるものです。

 

しかし、たくさん食べた後に自己嫌悪に陥ってしまい、かえってストレスになってしまうこともあるのです。

 

ストレス対策は現代人にとって大きなテーマです。

 

ダイエットはストレスについても考えた上で実行すべきです。

 

週に1回や2回でもよいので、ストレスがたまらない自分の好きなことを行いましょう。

 

これもまた、リバウンドしにくい痩せるためのダイエット法なのです。

 

 

■リバウンドしにくい体質を作るための習慣

 

・食事のとり方を決めてしまう

 

最初に野菜を多く食べて満腹感を創出するのがおすすめです。

 

これは、単に野菜を最初に食べるだけなので、習慣化させてしまえばダイエット後も負担なく実行できます。

 

食物繊維が含まれている野菜なので、腸の働きを良くするといった健康効果も期待できますよ。

 

・痩せるために必要な栄養素を把握する

 

タンパク質とビタミン、そしてミネラルが必須です。

 

ダイエット時はもちろんですが、ダイエット後の体系を維持するためにも必要な栄養素です。

 

食事量を減らしたとしても、上記の3つの成分は必ず摂取してください。

 

サプリメントで摂取しても構いませんが、できれば食事がおすすめです。

 

・タンパク質・・・大豆製品・魚など
・ビタミンとミネラル・・・野菜など

 

上記の食材であれば、カロリーも少なくダイエット時でも問題なく食べられます。

 

・激しい運動ではなく、続けられる運動をすべき

 

ダイエット中はとにかく結果を残そうと、1時間でも2時間でもランニングしてしまう方がいます。

 

しかし、ダイエット後にそれだけの運動量を確保できますか。

 

できませんよね。

 

ダイエット後も続けられるような運動を行うべきです。

 

続けられる運動でなければ体型の維持は難しいので、ウォーキングや軽いジョギングなどの軽い運動で痩せられるような方法を検討しましょう。